<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1月にクッキーをお届けする予定のお店をご案内です。


当店からの発送日をお知らせしていますので
販売日は各店舗にてご確認ください。


取扱店HP

1月15日   桐家ノニカイ (静岡)

1月21日   テノナル工藝百職  (京都)
        himaar (山口)

 28日   わっか屋    (山口)

 29日  Fosset  (静岡) 
       La Ceiba (山口)
      (当店の都合によりお休みさせていただきます)

1月29日ー2月11日 

添える おくりもの展
 spiral market
東京都港区南青山5-6-23
当店人気のクッキーとブラウニーをお届けします。
special gift setもあります。




お近くのみなさま、どうぞよろしくお願いいたします!

  

[PR]
d0161584_07090541.jpg


よく雪が降りました。
昨日の朝はユーカリの前もこんなに積もっていたけれど

d0161584_07085630.jpg
仕込みの合間に外に出てみたら
デッキの雪はほとんどとけて、
かわりにこんなかわいい雪だるまがいました。
近所の子がお母さんと作ったのかなー。


こんな寒い日々、はらぱんと冷え取りくつした、
そしてキッドモヘアのくつしたが大活躍。
d0161584_20220840.png

たびたび書いているように、わたしは寒いのがとっても!苦手で
足の冷えに悩まされていました。
だから、この靴下のことを知った時興味をもったけれど
なかなかの値段ですぐには買う気になれなかったのです。

実際に触ってみないと買えないな、と思い
数年前に東京で手にしました。

厚い。
内側がこんなパイルってすごい。
これがコットンとかではなく、
モヘアなのです。

d0161584_20185633.jpg

「でもこれまで履いていたウールの登山靴下となにが違うのだろう?」
冷え取りを始めてから、きゅっとしている登山靴下が
履けなくなっていました。

同じ履き心地だったら、履けないな・・・と思いながらも
寒さに負けて「えい!」と買ってみました。

履いてみると、キッドモヘアのこのくつしたは
締め付けがなく、厚みに安心感があって
手放せなくなり洗うのも惜しむほど一冬履き続けました。

たくさんはいても、洗ってもフワフワが持続しています。

当店でも寒さが苦手な方たちが、
少しずつ手にしてくれています。
そして
「すごく気持ちよかった。脱げなくて洗えない!」と
2足目を購入したり、プレゼント用にと選んでくれています。

我が家のさんたろうにもプレゼントしたら
とってもとっても気に入って
これまで3足1000円だったのに
(わたしの靴下を、そんなにかけて・・・とひそかに思ってたはず)
履いてみたら違いを実感したらしく
本当によく履いています。
自分でも買う!と言っているほど。

だから、バレンタインのプレゼントにもいいかなと思い
男性にも履けるよう25-27㎝のサイズも入荷しました。

23.5-25cmは人気のゴムなしも入荷しています。

このくつした、厚みがあるのでくつが心配になるかと思うのですが
まず取り入れやすいのは、お風呂上りなどおうちにいるときに
履いてみてください。(素足で大丈夫)
足のあたたかさが持続します。
ふつうのくつしたでは冷た〜くなるはっちゃんの足も
これだとなっていません。

冷え取りやっている方なら厚みも工夫して履けると思います。
わたしは仕事中はニューバランスをはいているので
紐を緩めて履いています。
ちょっとのお出かけならサボでも。

洗濯はネットに入れたらOK!

冷えて困っている方、
ぜひ店頭で触ってみてくださいね。
冷えの悩みのない方さえも
「ちょっと、これあったかくて4日も履き続けちゃった!」と
言ってました(笑)


キッドモヘアについてもう少し詳しく書いてみました。
こちらもどうぞ。


[PR]
by ucaly | 2016-01-21 20:42 | お店

d0161584_20314340.jpg

キッドモヘア、とは
子ヤギから初めて刈り取られる細くやわらかな毛。
このくつしたはチクチク感がないのですが
それはモヘア繊維はウール繊維と違ってキューティクルの
うろこが逆立っていないから。
そして外気温を伝導せず、非常に断熱性に優れ、吸湿性もあります。
モヘアは高級繊維として扱われ、なかでもキッドモヘアはさらに希少。
それがどうしてくつしたになったのか、というと。

創始者のテレッサは当初アンゴラヤギをカナダで育て
原毛を販売していたのですが、
丈夫さ、温かさ、柔らかさは、まさに足にぴったりだと思い、
ファッショントレンドやカラーなどに左右されない
シンプルな靴下を生み出したいと思いました。

そして当時は前例のないモヘアのくつしたを試行錯誤の末、作り出したのです。
当初売り込みにいった先では
「こんな丈夫なくつしたは売れないよ。
すぐに破れるようなくつしたを作りなさい。お客が繰り返し買いに来るから」と
言われたそうです。

d0161584_20295876.jpg

そう、これはいまでも一緒。
くつしたは消耗品。
すぐ痛んで当たりまえって思われています。
当店は、使って心地よく
大切にしたい、と思うものをみなさんに紹介したいと思っています。



[PR]
by ucaly | 2016-01-21 20:40 | お店


d0161584_14284770.jpg

今年はあたたかいお正月でしたね。

きのうからはっちゃんは待ちに待った幼児園が始まり
わたしも仕事を始めました。
お正月の間食べ過ぎたせいか、バリバリとは動けず・・・


元旦は凧揚げに行きました。
去年も今年も誰もいなくて、
気がねなく広々と過ごせる俵山。
たこを追っかけて走るはっちゃん。
この日はあまり高く飛ばなかったので、
自分で走って飛ばしていました。


おうちではお店やさんごっこ。
ジュース屋さんです。

d0161584_14290299.jpg
字を書くのが楽しいようで、調べながら書いているけれど
鏡文字やら覚え間違えがあってまだまだおもしろい。
注目は『そんだ』
ソーダ、のつもり。あえて訂正しません(笑)

こどもが字に興味を持つのってどんな風なんだろう?
教えないと、どうやって覚えるんだろう?
と興味があったので、読み書きを教えないで観察してきました。

はっちゃんが「読む」に興味を持ったのは5歳の終わりころかな。
「どうしてかっかは絵本がよめるの?」から。
そこから自然と1文字ずつゆっくりと知っていった。
こちらからはなにも教えず、聞かれたら答えていたくらい。

6歳過ぎて書くことが増えてきて、いま上の写真のところ。
まだまだわからない字ばかりだし、調べながら書いているけれど
たまに癇癪おこすけれど、でも進歩している。

通っている幼児園で教えてくれているみたいだけれど
みっちりやる、という感じではなく
できるとほめてくれるので
書くことが楽しそうです。

もっと早くからきれいなひらがなでお手紙を送ってきてくれるお友達や
すらすらと絵本を読む子もいるけれど
はっちゃんだけのペースで進む育ちを観察しているのがとても楽しい。

お店屋さんごっこや電車ごっこもどんどん進化していて
あそびってほんと大事だなぁ、と思う。


こちらもある日のお店屋さんごっこ。

d0161584_14291022.jpg
こういうお店、わたしがやりたいなぁ。
そんな未来にむけて、勉強中です。

今年は楽しみにしている企画が東京で1月末〜あるので
近々お知らせしますね。

わたしのパートナーでもあるお菓子が
さらに深みのあるものになるよう
精進します。

みなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。


*店舗は1月15日〜営業します。






[PR]