カテゴリ:日々のこと( 48 )

d0161584_19241442.jpg


ある夜のこと。

「こんばんわー」と声がして出てみると
近所に住むおじさんが。

「おたくのこども、風船持ってない?
プーさんのなんだけど」

えっ????

と思っていたら

「うちの生垣にひっかかってて
どこかの子のかなー、と思って近所をまわってるんだよ」

近所って言っても、この辺りは車で移動する距離。

おじさんは軽トラで、
こどものいる家を一軒一軒聞いてくれているのです。

あまりのありがたさに深々とお辞儀をして送り出しました。

風船がなくなって悲しんでるんじゃないかな、
と思ってくれたんだろうな。

なんて、なんて心やさしい人なんだろう。

でもね、口調はぶっきらぼうなの。
ぜんぜん恩着せがましくなくて。


はっちゃんはこの出来事が心に残ったようで
何回も「おじちゃんのはなし、して!」とせがみます。

幼児園の先生にもおはなししたみたいだけど、
はっちゃんの説明で先生わかったかな・・・


d0161584_19305753.jpg

[PR]
d0161584_9232856.jpg


朝起きたら雪景色。

しっかり積もっています。

はっちゃんを幼児園に送って、
そろそろと下を向きながら歩いて帰ってきました。

足がしっかり冷えたので
足湯をしよう。

シープスキンのボアブーツ、買わないようにしてたけど
ここでは生活必需品だなー。
[PR]

d0161584_23193522.jpg


今日はちょっと積もりました。

山に白い雪がかかっていると、きれい。

雪国出身の人が
「やっぱり冬は雪がないとねー」
と静岡で言っていたのが
最近わかる気がします。
とはいっても、雪かきするほどになったらあっという間に
弱音はくのがわかってるけれど。
俵山はそこまでは近年ないらしいです。

うちも寒いけれど
ストーブのある部屋はぬくぬく。
その台所で毎日出汁をとります。
たくさんとって『かつお』と記入したペットボトルに
入れておくのだけれど、
ある朝いつもより1本多く空ボトルが。

d0161584_23325228.jpg


・・・『ますお』!!!

はい、さんたろうの仕業です~。

以前は、冷凍庫を開けたら
ラップに包んだ冷凍ご飯に
日付をかいてあるはずが
『こじま よしお』
と書いてありました。

アホだな~、と思いつつ写真までとってしまうわたし。
[PR]
d0161584_1441927.jpg

福岡で開催されている蚤の市に行ってきました。
和・洋のアンティークのお店が並んでいます。
おしゃれなブースあり、並べただけのところあり、で
古いもの好きのさんたろうは夢中。

わたしは、というと
やっぱりこっち。
d0161584_144444.jpg

パン屋さん、ジンジャーの瓶詰めやさん(おいしかった!)など
ひととおりみて混む前に早めのお昼。
南インドの豆カレー。
d0161584_1446457.jpg



お花屋さんが何軒か。お花ってやっぱりいいなぁ。
d0161584_151064.jpg


はっちゃんにねだられ110円だしてのせてあげたのに
d0161584_14553872.jpg

「こわい・・・」と途中でおりてしまいました。


山口や九州は蚤の市が盛んみたい。
山口の市は日の出とともに、が開始時間。
来月は山口市で開かれる市に行ってみようと思います。
[PR]
d0161584_14452758.jpg
























静岡のお店でも、ブログでもたびたびお話している
ロバの本屋
わたしたちの住む俵山にある
なんともすばらしい本屋さんが、いま発売しているソトコトに掲載されています。

ロバさんのよさは、わたしの写真技術ではまったく伝わらないので
ブログに載せられずにいました。
ソトコトのfacebookにも少しだけのっているので
ちらっと

facebookではさんたろうも登場しています。
ユーカリ内部を公開(笑)
こちら

今日はロバさんで個展をしている切り絵作家の辻恵子さん在廊日。
いまからちょっと行ってきま~す!
ロバさんのおかげで山にいながら
たくさんの作品に出会えます。

では!

* ユーカリとダッフンダは別物です(笑)
[PR]
d0161584_9505814.jpg


お店の脇を流れる川。
ホタルがたくさん舞うきれいなところだそうです。

準備は進んでいるというか、なんというか・・・
わたしが色々と遅いのですー。
追い込まれるまでのんびりしてるという、
夏休みの小学生をいまだにやってしまう。

今朝突然はっちゃんが言いました。
「りんくんがいるところ行かないの?」
「たくさんお店があってさ、にんじゃのユーカリ!」

静岡の手創り市のこと。
いつも一緒に遊んでくれていた、りんくん(salepepeさんちの子)を恋しくおもったみたい。

ちょうどいま春の応募時期だなー、と思っていたところに
はっちゃんのことば。
はっちゃんが1さいか2歳の頃から参加していた手創り市。
はっちゃんは「神社」って言えなくて「にんじゃ」って言ってた頃。

初めての出店は、まったく様子がわからなくて
お菓子も全然たりなくて、
はっちゃんをおんぶしながら販売していました。
心細かったとき、おとなりだったのがsalepepeさん。
とてもやさしく声をかけてくれて、
それは他の出店者さんも同じで、
静岡での出店を喜んでくれるお客さんにもたくさん出会えて
緑に囲まれ穏やかな空気の流れる、
こんなにしあわせな空間があるんだ!と
毎回出たいと心から思いました。

手創り市はとても勉強になる場所であり、
出逢いの場。
フードブースは、仲のいい商店街みたいで
年に2回だけのこの場所が大好きだった。
それまではあまり知らなかったクラフトのこと。
自分の手で作り出すものが、それぞれの作家の世界として
広がっていることに、どんどん惹かれていった。

この経験がなかったら、いまのユーカリカシテンはないなぁ。
新しい世界をみせてくれました。

そして毎回はっちゃんを連れて行ったのは
2日間まるまる子守を頼める人がいない、と現実的なことはもちろん
「好き」を仕事にしている大人がたくさんいるということを感じて欲しいから。

好き、を仕事にしていい。
好き、をやり続けていい。
それは、しあわせも大変なことも
すべて自分で引き受けること。

はっちゃんが大きくなったときに
『常識』にとらわれて生きることのないように
あなたの好きをみつめられるように。


これからまた、そういう場に一緒に出ていこうね。
[PR]
d0161584_1427464.jpg



はっちゃんと行ったスーパーの駐車場で旅人発見。

話しかけてみたら、大学卒業後に1年かけて日本一周してるとのこと。
基本野宿で今日もそのつもり。
って、さむいよここ!?雪ふるよ??

・・・ということでうちに来てもらいました。


d0161584_14322348.jpg


はっちゃん、大喜び。

もうヨドくんにべったり。
足の踏み場のないほどおもちゃが散乱したはっちゃん部屋に
連れ込んでずーっと一緒。

おかげでわたしはラクチン~♪

「日本を一周することよりもいろんな人に会えることのほうが大きい」
と言っていたヨドくん。

うんうん。
わたしもそう。

18の頃からバックパッカーのひとり旅をしていたけれど
ほんとにたくさんの見知らぬ人たちにお世話になって
泊まらせてもらっていました。
「自分も若いころお世話になったから」と言っていた大人が多くて
それがずっと心にありました。

18以降のわたしがあるのも、
いま山口で暮らしているのも
その頃旅で出会った人たちの存在が大きく影響しています。
『自分自身』を生きている、かっこいい大人たち。
わたしもそうでありたい、と思い続けています。

ヨドくんと会って、その時のことをたくさん思い出したな。

翌日、実家のある京都を目指して旅立っていきました。
冬の日本海、これからさらに雪との日々になるけれど
無理しないでね~。
あなたが無事に帰ってくることが
いちばんの家族の願いよ、きっと。

おにいちゃんとのお別れは涙涙のはっちゃんでした。
d0161584_14462194.jpg

[PR]
d0161584_1452532.jpg



雪が降っています。

はっちゃんは今週から幼児園に行き始めました。
きのうまで午前中で、今日からいちにち。
給食は向かいにある里山ステーションで作ってくれているのですが
今日ははっちゃんの大好きなロバさんが担当の日。

なんとラッキーな!
うらやましくって、わたしたちもお弁当を注文しました。

d0161584_1457828.jpg


お皿に移して山盛り・・・
もう少しキレイにのせればよかったー。
空腹には勝てず。

コロッケについていた袋入りソースは
オタフクのウスターソース。
めずらしー。
そういえば、こちらはウスターソースのほうがよく使うようで
以前食べ物屋さんでカキフライを注文して
「ソースください」と言ったらウスター。
いや、わたしはトロッとしたほうがいいよ、と思い
とっても不思議そうな顔をされながら
トンカツソースをもらいました。
トンカツじゃなくてもいいんだけどね、
ウスターは染み込みすぎるのよね。
それとも静岡でもウスターなのだろうか・・・


はっちゃんのお迎えどうしようかな。
雪のなか運転なんてはじめてだなー。
こわいなー。
でもここまで降ってる中歩くのもはじめて。
[PR]
我が家があるのは山間部とはいえ
住まいの前は道路。

広い歩道があるから、
「ここから出たら絶対にダメだよ!」と
はっちゃんには常に言い聞かせているけれど
なにがあるかは、わかりません。

そこでさんたろうが、こんなものを作りました。


d0161584_1039843.jpg


ふつー、「コドモ」だよねー。
通行するドライバーのみなさま。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
d0161584_23593769.jpg

年末にあったお餅つき。
もち米を蒸しているところ。


中はこんな。
d0161584_014139.jpg




蒸しあがったら突いていきます。
d0161584_031517.jpg


腰がはいっています。
この作業が大事らしい。
d0161584_045788.jpg


ようやく、ぺったん。
d0161584_061325.jpg



できあがったおもちを素早く丸めていきます。
d0161584_09273.jpg


つまみ食いする、はっちゃん。
d0161584_0104291.jpg



こんなにたくさんのおもちができました。
d0161584_0114368.jpg



あんこのおもちも、用意してくれたカレーもおでんも
獺祭までいただけて、なにもかもがおいしい一日でした!
誘ってもらえて、感謝。
[PR]