2013年 11月 12日 ( 1 )

d0161584_12452561.jpg
photo : yuka morimoto


移転のお知らせをしてから少しの日しかなかったにも関わらず
毎日たくさんのお客さまに来ていただきました。

自分で決めたこととはいえ、休み明けに工房に立ったら
このユーカリカシテンから離れることが
つらくて悲しくてたまりませんでした。
心の整理がつかずに自問する日々。
涙もたくさん流して、最後の日の開店時も
「今日は終わったら号泣だろうなぁ」と思っていたほど。

それがみなさんと接する間に少しずつ晴れ間がみえてきて
最後にはまるで船がす~っと動き出すかのように
気持ちが山口の新しいお店に向き始めているのを感じました。

わたしの心に生まれていたのはかなしい気持ちではなくて
ここまでユーカリカシテンを育てくれた
みなさんのあたたかさを腕いっぱいに抱いて
新しい場所でまたユーカリを育てていけるんだ、
というしあわせでした。
ユーカリの木だけを持っていくのではなくて
ふかふかになった土も一緒に持っていけるのです。

わたしひとりでがんばっても
いまのユーカリカシテンにはなっていません。

ここまで育ててくれたお客さま。
たくさんのクッキーを黙々と袋詰めしてくれたスタッフ。
お手伝いしてくれた友人。
支えてくれた家族。

みなさんのおかげです。

ブログ・twitterはこのまま続けていきます。
山口の話も楽しみにしていてくださいね。

山口で、静岡で
また会えることをたのしみにしています。


本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。




                                       
                                                         ユーカリカシテン
                                                           小坂 ゆかり
[PR]