2012年 07月 14日 ( 1 )

もう過ぎてしまったけれど。

5月21日はユーカリカシテンを始めた日。

今年もメールやお手紙をくれた方たちがいて

「ああ、そうだったな~」と思いました。

2004年から始めて、本人もうっかりしていた日を
覚えてくれていてありがとう。

開店半年後にお客さんがくれたカードにあったことば。

とてもうれしくて、いまも時々眺めています。



細い路地をゆくと ちいさな一軒のお店がある。

その店は そこを必要としない人には辿り着けないが

必要としている人は ちゃんと温かく迎えてくれる。

ひなたの香り やさしい時間。

子供の頃に読んだおとき話に出てくるような

ユーカリカシテン




ユーカリカシテンをはじめて
こうして出逢えるひとたちがいて
わたしにとって仕事場であり、
大切なものをたくさん生み出してくれている
たからものです。


ユーカリカシテンのない人生なんて、わたしにはありえない。



これからもお会いできることを楽しみに、
そしてみなさんに感謝しています。


たくさんの、ありがとうを込めて。
[PR]