あたためるモノ

d0161584_22004616.jpg

ここ俵山は朝晩寒いけれど、日中はあたたかい日が続いていました。
朝のかっこうのまま出かけると、暑くて暑くて・・・
だから今度こそ日中仕様で出かけよう、と思ったら。
そういう日に限って出かけた先が
風がびゅーびゅー吹いて寒いこと!!

すっかり風邪をひきました。

ただいまユーカリオイルを入れた足湯のあとに
くつしたの重ねばきをして
LITTLE WONDERSさんのNATURALCOLD CARE (体をあたためるブレンド)
を飲んでおります。
冷えとりの重ねばき、始めてから3年目の冬に入ったのかな。
もともと足先が冷えてたまらなかったけれど、そういうものだと思っていました。
しかたないって。
登山用のウールソックスを履いたりしてしのいでいたけれど
そのうちネットで重ねばきのことを知り、本来の「冷えとり」よりも
足先の冷えがつらくて始めたのです。

ネットの体験談で毒素の出てる部分が破れる、と読んで
疑い深いわたしは「えー?そんなの大げさにいってるんじゃない?」と
思ってました。
が、ほんとに破れたのです。
わたしはそれまでくつしたは前側が薄くなるタイプ。
なのに、重ねばきしているものはかかとが破れてしまう。
うすくなるんじゃなくて、穴があくんだよね。
はじめは偶然かな?と思ったけれど98%かかとです。
そして最近は破れが減ってきました。
じゃあ、体調はどうなったの?というと
正直なところ「重ねばきでこんなに健康になりました!」と
断言できるほどのことは、わたしにはまだありません。
切羽詰まった大きなトラブルを抱えていなかったから、
大きなからだの変化としては現れてないのか、鈍感なのか(笑)

ただ、なにが自分にとって心地いいのかを知ることができるようになりました。
特に肌にふれるもの。
それまで、自分がどんな素材・スタイルが好きなのか
よくわかっていなかったと改めて気づいて。
いまは、シルクやリネン・コットンが心地よく
からだを締め付けないものがすき。
そしてからだへの興味が増しています。

いまの症状がどうしてなのか、観察したり理解したり。
環境や動物のことをきっかけにオーガニックなライフスタイルを
送っていたけれど、それにプラスして
「心地よさ」をベースにからだを観察するようになったかなぁ。


d0161584_21430162.gif

くつしたをかさねる、というとふつうの厚さやしめつけを想像するから
抵抗があるのだけれど、重ねばきのものはそれ用に作ってあるので
薄くてしっとりと肌に馴染むのです。
当店で扱っているくらしきぬのものは
シルク・ウールの順で重ねていくので、この季節はあたたかく
足に汗をかくタイプの人もウールは放湿性があるので蒸れずにおすすめ。
そう、ウールはあたためたい冬だけでなく蒸れの気なる夏にも
1年中お役立ちなのです。
わたしは夏の重ねばきもウールです。
お洗濯は、ネットに入れてウールも洗える洗剤『海へ・・・』で
ほかのものと一緒に洗っています。


ここでお話したものたちはすべて当店においてあります。
自分が使ってきてよかったもの。
ネットではみるけど、実際に手に取る機会は少なくて
気になってるけど使い方などイマイチよくわからなく
悩んでる人たちもいるだろうな、というもの。
そういうものたちを、手に取りながら
「どうやってつかうの?」「使ってみてどう?」とお話をしながら
暮らしに取り入れてもらえてらいいな、と思って選んでいます。

いまはお菓子を作ることに手一杯になっていて
品物のことを伝えたくても、なかなかブログに向かう時間がとれなくて
もどかしい日々です。

気になるものがあったら、店頭でぜひ聞いてみてくださいね。

この季節、竹布のレギンスもかなりおすすめですよ。
我が家はさんたろうもヘビーユーザーです。
(メンズは注文になります)


☆ 11月2日(日)・16日(日)営業致します。








[PR]