クラフトフェアまつもとを終えて

d0161584_1784684.jpg


















今年も学びのクラフトフェアまつもとでした。

初めての出展だった昨年と比べて
おいしかったから、と来てくれたお客さん・出展者・友人・知人、
顔見知りの人がとても増えていて
「この1年でこんなにたくさんの人と通じていたのか」と
気づきました。

月曜日から土曜日まで工房にこもってお菓子ばかり作っている日々。
お客さんが来てくれなかったら誰とも話さないな~、と思っていたけれど
そのお菓子を通じてたくさんの人がいてくれました。

クラフトフェアの外でこんなことも。
今回初めて行ったお店にあったフライヤーに
昨年のクラフトフェアがきっかけでお付き合いのあるお客さまの名前を発見。
話の流れでユーカリカシテンやってるんです、とお話したら
はっ!とした顔で
「去年のクラフトフェアのときに、うちの古くからのお客様からいただいて
おいしかったです!」
と言ってくださったり、
こちらも初めて行ったNaturalBagle UTAさんでお話してたら
「ユーカリカシテン?これ?」とお菓子を差し出されて。
わたしたちと入れ違いに帰られた方が
静岡から来ていたUTAさんのお客さんで、おすすめって持ってきてくれたんだよ、と。
(静岡の方。あのときのわたし、疲れきっていてなんにも気づかずすみません~)

わたしの知らないところで、お客さんがお菓子を運んでくれているんだなぁ、と
まさに旅するクッキー。
感動の発見。

いままでのいろいろがつながるクラフトフェアでした。

寄ってくださったみなさま、
出展者・スタッフの方々、
大量の袋詰めをがんばってくれたスタッフ、
シッターのしおりん、
家族。

どうもありがとうございました!

これからもゆるやかに、長くつながっていけますように。
日々、お菓子を作ってゆきます。
[PR]